初心者ブロガーに届け!SEO外部対策・内部対策の方法

初心者ブロガーに届け!SEO外部対策・内部対策の方法 SEO

SEOの外部対策、内部対策って聞くけど何?
対策ってどうやるの?

こんな悩みを解決します。
3分で読み終えますので、お付き合いください。

スポンサーリンク

 

SEO対策って何?

ひとことで言うと「Googleに正しく評価してもらうための対策」のこと。

評価するのは、あくまでGoogleです。
Googleに評価してもらえるように、最低限の対策はしておいた方がいいよ、ということですね。

Googleの評価基準は変動するので完全ではありませんが、最低限ココは守っておこうという部分を書いています。

今回は、SEO対策のうち、以下の解説をします。

  • SEO外部対策
  • SEO内部対策

それではひとつずつ見ていきましょう。

SEO外部対策

主に以下2つです。

  • 外部サイトに被リンク(※)される
  • SNSでの拡散からの被リンク(※)される

※被リンク=外部サイトに自分のサイトのリンクが設定されること

被リンクされるということは、ユーザーにとって有益で評価されていることになり、被リンクの数が多いほどドメインの価値が上がります。

今後は、SNSで発信しつつファンを増やす方法が主流になりそうです。

SEO内部対策

サイトの質がよい、つまり、分かりやすい構造になっていることが重要です。
これは、Googleに伝わりやすくなり、Googleの評価を得ることができるためです。

  • 見出しの使い方

– タイトル(h1)、見出し(h2)、小見出し(h3)の順番で、正しく使うこと
– カテゴリ分けをしてサイトを見やすくすること

  • パーマリンク

– 必ず英語表記にすること(日本語表記だとURLが記号かつ長くなるので)

  • キーワード

– タイトル(h1)、見出し(h2)にはキーワードを入れること
– タイトルに入れるキーワードは、1~30文字目までの前半で入れること(検索結果に表示されたときに見えなくなるので)
– メタディスクリプションにはキーワードを入れつつ、記事の概要説明を書くこと
– アイキャッチ画像にキーワードを入れるとなおよし

  • ページの軽量化

– 画像は50kb、1200×900くらいのものが◎

まとめ

まとめると以下のとおりです。

SEO外部対策:自分ではどうにもできない部分だけど、できることとしてはSNS活動
SEO内部対策:自分で改善できる部分

対策をたてるために、分析ツールを効率よく使うといいですね。
→ 分析ツールについては初心者ブロガーにおすすめの無料ツール6選をご参照ください。

SEO対策を解説してきましたが、一番大切なことはユーザーに使いやすく良質な記事を書くことです。

以上です。