初心者ブロガー向け!ロングテールSEOでアクセス数を増やす方法

初心者ブロガー向け!ロングテールSEOでアクセス数を増やす方法 SEO

ロングテールキーワードってよく聞くけど何?
その対策って必要なの?どうやるの?

そういった疑問に答えます。

この記事を読むと、ロングテールキーワードの概念・初心者が実施するべきロングテールSEO対策の方法が分かります。

3分で読み終えますので、読んで行ってください。

ロングテールキーワードって何?

誰もが検索するビッグキーワードに対して、少ない検索数となるニッチなキーワード(スモールキーワード)や、複数のキーワードの複合検索をロングテールキーワードといいます。

以下の図で言うと、左側がビッグキーワードで、右側がロングテールキーワード。

ビッグキーワードは検索数は多いがコンバージョン率が低く、ロングテールキーワードは検索数はぐっと下がるけどコンバージョン率がぐっと高くなるというメリットがある。

つまり、下図のピンク部分を狙えば、稼げるようになるということです。

ロングテールSEOの対策ってどうやるの?

ロングテールSEO対策とは、ニッチなキーワードを狙ってアクセス数を増やていくことです。

  • 最初にやるべきこと:ニッチなキーワードの記事を量産する
  • 次にやること:記事の内部リンクを充実させる

ニッチなキーワードの記事を量産する

最初の3~6か月にやるべきことは、ニッチなキーワードの記事を量産することです。

ニッチなキーワードの記事をひたすら書く。
検索ツールで確認・選定したキーワードの記事をたくさん書きましょう。

良質な記事をひたすら書いて、上位記事を目指します。

※ただし、ニッチすっぎるのはNGです。
あくまで、検索されているキーワードであることを確認してからキーワード選定をしましょう。

記事の内部リンクを充実させる

次にやることは、記事の内部リンクを充実させることです。

まとめ記事やロードマップなどを書いて、これまで書いてきたロングテールキーワード記事たちを内部リンクで貼っていきます。

例えば、「ブログの進め方」だとしたら、
・初心者向けに必ずやっておくべき5つのことまとめ
・ブログで稼ぐために必要なこと完全ロードマップ
など。

読み手にわかりやすいように、散らばっていた記事をまとめて1つの記事から飛べるようにしましょう。

さらに、ロングテールキーワードの記事に、ビッグキーワードの記事を内部リンクしましょう。
そうすることで、ロングテールキーワード記事のアクセス数をビッグキーワードの記事に流すことができます。

上記によって得られるもの

これにより得られることは以下のとおりです。

➀Google検索上位に表示されやすくなる
②コンバージョン率が高くなる

ニッチなキーワードの記事を量産すると、それらの記事が上位表示されやすくなり、読み手の入り口が増えます。
入り口が増えると、PV数が上がり、購入の必要に迫られている読み手の購入率も高くなります。

まとめ

ロングテールキーワードの記事を書く作業は、地道で、効果がでるまで3か月~半年程度かかりますが、大きな効果が期待できます。

半年後を楽しみに、ひとつひとつの記事を充実させていきましょう。

以上です。