iDeCoと個人年金保険を比較・どっちがいいの?

iDeCoと個人年金保険を比較・どっちがいいの? ライフ

iDeCoと個人年金保険、どちらも老後資金のための積み立てだけど、どっちがいいの?
どういう違いがあるの?

そういった悩みを解決します。

【この記事で得られること】
・iDeCoと個人年金保険の違いがわかる
・自分に合う選択ができる
iDeCoと個人年金保険の違いを4のポイントで解説します。
3分程度で読み終えますので、ご参照までにどうぞ。
スポンサーリンク

iDeCoと個人年金保険の違い

iDeCoも個人年金保険もどちらも「老後資金を貯める」という目的は同じです。
では、違いはどんなところでしょうか。


(画像は、野村證券HPより引用)

以下4つのポイントを比較して、どちらが自分に合っているかを考えましょう。

  • 所得控除
  • 運用方法
  • 受取額
  • 注意点

それぞれ見ていきます。

①所得控除

iDeCoは拠出分が全額控除されるというのが一番のメリットです。
さらに、iDeCoは運用して利益が出ても非課税となります。

それに対して、個人年金保険は一部控除となります。

所得控除の面から言うと、iDeCoの方がいいのは一目瞭然です。

 ✔ 控除所得は、iDeCoの方がお得◎

※少し話がそれますが、年末調整の際、iDeCoと個人年金保険はそれぞれの控除欄に記入できますので、両方加入している方はそれぞれ控除が受けられます。(控除額は上記表を参照)

②運用方法

iDeCoは加入者が運用するので、多少の知識があるほうが向いています。
無くてもお任せできる商品もありますが、商品を選ぶのは加入者ですので、知識がある方がいいです。

それに対して、個人年金保険は保険会社が運用していますので、知識がなくて不安な方におすすめです。

✔ 金融商品に詳しくない初心者は、個人年金保険が安全◎

③受取額

毎月拠出するので、受取額は気になりますよね。

iDeCoも個人年金保険も、商品によって受取額が異なり、どちらも運用次第で増減します。

✔ 受取額は、メリット・デメリットの差はないのでドロー

④注意点

iDeCoの注意点4つ。
・60歳まで引き出すことができない
・50歳以上で始めると、60歳から受け取れない場合がある
・各種手数料がかかる
・運用結果によっては元本を下回る場合がある

個人年金保険の注意点2つ。
・途中解約をすると、払込済の保険料を下回る
・商品によってはインフレに弱い

✔ 制約が少ないのは、個人年金保険◎

併用もできる?

もちろん、iDeCoと個人年金保険の両方に加入することもできます。

上記で書いたとおり、iDeCoは拠出する全額が所得控除になるので、個人年金保険と併用する場合は、iDeCo>個人年金保険の割合で運用するといいでしょう。

まとめ

まとまると以下のとおりです。

  • iDeCo     : 全額所得控除できるため、所得が高い人の方がメリットが大きい
  • 個人年金保険 : 金融商品に詳しくない初心者向けで、気軽に始めたい方にもおすすめ

将来計画や自分の性格に合わせて選びましょう。

どちらも「老後資金を積み立てる」ため、早めに開始するほうが期間が長くなり負担が軽くなります。

おススメのiDeCo金融機関については以下で解説していますので、ご参照ください。

初心者におすすめのiDeCo金融機関は?企業型拠出年金から個人型拠出年金への移換

個人年金保険については、以下をご参照ください。
保険コネクトなら、プロのフィナンシャルプランナーに相談ができます

保険コネクト正式HPはこちら

参考になれば幸いです。